「バリアフリー2019」が4月18日(木)から20日(土)に大阪で開催

高橋倫花 (2019年4月14日)

「バリアフリー2019」が4月18日(木)から20日(土)の10時から17時にインテックス大阪(大阪市住之江区)で開催される。
西日本最大の総合福祉展で、大阪府社会福祉協議会、テレビ大阪、テレビ大阪エクスプロが主催する。

入場は無料で、登録が必要。インターネットでの事前来場登録もできる。

目の見えないかた・見えにくいかたのための展示コーナーは、5号館(ブース番号は5-203)。
スマートグラス、拡大読書器、デイジー再生機、点字プリンタなどを実際に使って体験できる。

4月20日(土)の11時から12時には1号館の第2会場で「スマートスピーカーと視覚障害者~声のコミュニケーションが変わるライフスタイル」と題してバリアフリー・ワークショップが開かれる。

なお、日本ライトハウス情報文化センターでは、目の見えないかた・見えにくいかたのための展示コーナーのガイドブックを点字版とデイジー版、大きめの活字版、Eメール版で製作し無料で配布している。
ガイドブックの申し込みは日本ライトハウス情報文化センターサービス部(電話 06-6441-0039)まで。

掲載サイト名
(上記サイト名をクリックすると、同サイトからのニュースクリップの一覧をご覧いただけます。)