Googleが周囲の物体などを教えてくれるアプリ「Lookout」を2018年後半リリースへ

中根雅文 (2018年5月31日)

2018年5月8日 (現地時間)、GoogleはAndroid向けアプリ「Lookout」を発表した。これは、端末のカメラを用い、周囲の情報をクロックポジションなどの形で音声で伝えるものである。YouTubeで公開された紹介動画では、「12時の方向にはさみ」、「12時の方向にラベンダー」などと読み上げている。

文章を読み上げる「スキャンモード」、家の中で利用する「ホームモード」といった、利用シーンに合わせた認識が可能とのこと。さらに、この技術は、機械学習を用いているため、今後利用ユーザが増えれば増えるほど、その認識制度などの向上が期待される。アプリのリリースは2018年後半を予定しており、次期Android OS「Android P」とあわせた発表が期待される。

掲載サイト名
(上記サイト名をクリックすると、同サイトからのニュースクリップの一覧をご覧いただけます。)
 
情報提供者名
守井清吾