ニュー・ブレイル・システム、点字データを読み上げるiOSアプリBraille Talkを公開

中根雅文 (2017年10月11日)

ニュー・ブレイル・システム株式会社は、iOS上で点字図書データを読み上げるためのアプリケーション、Braille Talkを2017年10月3日に公開した。
iOS8以上のiPhone, iPad, iPod Touchに対応している。

このアプリケーションは、Safariでダウンロード、またはDropboxなどのオンライン・ストレージから取り込んだ点字データを読み上げることができる。

iTunes Storeの配信ページによると、対応点字データ形式は、BES、BET、BRF、BS、BSE。 また、SAPIE図書館で配信されている自己解凍式のアーカイブやZIPファイルの読み込みにも対応している。

iTunes Storeでは試用版が無料配信されでとり、試用版では本の先頭の一部分だけの読み上げが可能で、しおり保存機能が利用できないなどの制限がある。

アプリ内課金でフルバージョンを購入することで、これらの機能制限がないバージョンを使用することができる。

フルバージョンの価格は、本記事執筆時点では8,400円。

掲載サイト名
(上記サイト名をクリックすると、同サイトからのニュースクリップの一覧をご覧いただけます。)